EBISU RECRUITMENT 2020

PEOPLE

商品開発課

柳田 真見

Mami Yanagida

幼児教育科 卒

より良い商品を作るため

妥協しないのがエビスの流儀。

入社の決め手は何でしょうか? 

「予備知識がなくても大丈夫」
その言葉に背中を押されました。

私は中途入社でエビス株式会社に入社しました。以前には、幼稚園や携帯ショップでの勤務経験があります。携帯ショップで働いていた時は、メーカーの方が自社の新機種について誇りを持って語っておられるのを聞き、メーカーでの勤務に興味を持つようになりました。メーカーの事務職に的を絞って転職活動を開始していたところ、普段から使用しているハブラシを製造しているエビスが、商品開発の事務員を募集していると知り、すぐに応募しました。
ただ、商品開発は未経験で仕事内容も想像がつきませんでした。面談の場で不安な点を正直に伝えると、業務内容を丁寧に説明していただき、「わからない事も、少しずつ勉強すれば大丈夫」と言ってくださったことで、この会社なら安心して働けるのではないかと思い入社を決意しました。

現在の担当業務について
教えてください。

主な業務は、依頼書作成と使用実験。
どちらも新商品開発に欠かせない仕事です。

現在は、依頼書作成と使用実験の2つの業務に携わっています。依頼書作成は、月1回の企画会議で開発が決定した新商品を、設計データを基に依頼書を作成し、サンプル(試作品)の製造を依頼する業務です。依頼書は、ハブラシのハンドルの成型、植毛、性能試験、包装など工程ごとに作成する必要があります。そのため、製造する商品が増えれば、依頼書の枚数も増加します。毎年2回開催される新商品説明会では新しい商品のサンプルを多数展示するため、2~3カ月前から依頼書を作成し説明会に備える必要があります。
もう一方の使用実験は、サンプルを実際に使い使用感を調べる業務です。例えば調理容器のサンプルであれば、実際に食材を入れて調理を行い、茹で具合などの仕上がりを試食して確かめるといった新商品開発には欠かせない業務を担っています。

前職での経験は、
仕事に活かされていますか?

どのように伝えれば相手に伝わるか
意識的に工夫する事が重要です。

前職である幼稚園や携帯ショップでの仕事を通して、物事を伝える時には、相手の立場や状況を考え、相手に伝わるように工夫する事が重要であると学びました。工場にサンプルの製造を依頼する時には、メールで依頼書を送付した後に、どんなに忙しくても電話をかけて、相手と依頼内容やスケジュールについて確認し、確実に伝えることを徹底しています。また、「仕事上の不明点は、その場で確認する」・「社内の清掃を率先して行う」・「周囲の状況を考えて自分のすべき事を判断する」といった社会人経験者として身につけた感覚は現在の仕事に活かされていると思います。

仕事でやりがいを感じるのは
どんな時ですか?

粘り強く改良を重ねた商品が
初出荷される時は、喜びもひとしおです。

これまでに携わった仕事では、レンジ調理容器「絶品レンジでパスタ」の使用実験が忘れられません。スーパーや通販で売られている様々なメーカーのパスタを購入し、それぞれのパスタごとに「容器に入れる熱湯の量」や「レンジにかける時間」を少しずつ変えて調理を行い、どの条件の時に一番良い茹で加減で、もちもちの食感に仕上がるのかを確かめました。使用実験は、より良い商品を世の中に送り出すためには欠かせない大切な実験です。4カ月程の実験期間中は、毎日こつこつとパスタを茹で、試食し続けました。また、実験では調理容器の使い勝手の良さについても検証します。実験中に感じた不都合を報告し、改良に役立てることも大事な仕事です。長い使用実験を経て完成した商品が店頭に並んでいるのを見ると、大きなやりがいを感じます。

エビス株式会社の強みや、
可能性を感じる事とは?

お客様の感動のため
全社員が一丸となって働いています。

エビスは企画から開発・製造・出荷までを自社で行っているため、全社員が同じ方向を向いて、より良いモノづくりに邁進していると感じます。商品開発課から工場へ商品の相談をすると、実際に製造に携わる現場ならではの視点から、真摯な意見をもらう事ができ、他部署が連携しながら思いを形にしていると実感します。
社員が同じ方向を向いて仕事ができるのは、社長の思いが全従業員に浸透しているからだと思います。私も社長が話しておられた「エビスが目指すのはお客様の期待を超えるモノづくり。ハブラシ一つをとってみても、お客様が想像される使用感を遥かに上回る感動を提供したい」という言葉に、深く共感しました。私が所属している商品開発課でも、「この商品を使う時にお客様はどんな気持ちになるだろう」と常に考えながら、日々の商品づくりに努めるようにしています。

プライベートなど楽しみな事は何ですか?

休日は趣味の食べ歩きで
楽しく、美味しく、リフレッシュ。

休日は友人と一緒にテーマを設定して、食べ歩きをしています。テーマは「いちごを食べる」・「かき氷を食べる」・「お肉を食べる」・「喫茶店のモーニングを食べる」などです。いちごを1パック使ったパフェなど、パフェばかり1日に3軒ハシゴした事もあります。地元だけでなく、京都や神戸など関西各地を食べ歩き、現地の観光も併せて楽しんでいます。

就活生へのアドバイスをお願いします。

就活を、これまで気づいていない
新しい自分を発見する機会にしてください。

就職活動は、企業研究などを通して会社を知る機会であると同時に、自分自身を見つめなおす機会でもあります。過去を振り返り自分のできる事を探して、それを仕事にするのも良いのではないかと思います。働き始めると、その仕事に対する興味も次第に湧いてきます。私も今では、立ち寄ったドラッグストアやコンビニで、無意識にハブラシ売り場で立ち止まり他社製品を手に取って観察してしまいます。入社時からは想像できないほどハブラシに興味を持つようになりました。業務に対する探究心が芽生えれば、自然と仕事もスキルアップしていけると思います。

1日の仕事の流れ

  • 出社

    メールチェックをして、その日の業務予定を確認します。

    8:30

  • 朝礼

    各自その日の予定を発表し、スケジュールを確認します。来客の予定がある時は、この場で共有します。

    9:00

  • 依頼書の作成

    新商品のサンプルを作るため、成型や植毛などの依頼書を作成します。

    9:30

  • ランチ

    勤務する大阪オフィスは堺筋本町にあり、近隣には飲食店もありますが、お弁当を持ってきています。

    12:00

  • 調理実験

    開発中のレンジ調理容器について、実際に調理をしてどの食材にも使用できるかを確かめます。

    12:45

  • ハブラシの植毛実験

    会議資料として使用するため、簡易植毛機で、毛の太さや長さを変えたハブラシの見本を作成します。

    15:00

  • 退社

    日報を記入して退社。日報は、朝礼で発表したスケジュール通り動けたかを振り返る良い機会になっています。

    18:00

OTHER PEOPLE