EBISU RECRUITMENT 2020

PEOPLE

生産技術課

田中 正樹

Masaki Tanaka

生産機械システム技術科 卒

モノづくりの技術を活かし

生産性向上に貢献します。

入社の決め手は何でしょうか? 

エビスで働く人々が魅力的で
「一緒に働いてみたい」と思いました。

高校卒業後、工科系の大学校に進学し4年間生産技術を学びました。
その学校で開催された合同企業説明会に、エビス株式会社が参加していたのがきっかけでした。
私が就職先企業を選ぶにあたり重視していたことが2点あります。1つが、「学生時代に学んだ技術を活かせる製造業」である事と、もう1つが「人間性の良い人達と一緒に働きたい」という事です。説明会では生産技術課のお二人がユーモアを交えながら分かり易く業務を説明し、学生の質問にも誠意をもって対応してくださっていた姿勢に感銘を受け、この方々と一緒に働いてみたいと思うようになりました。説明会に来てくださったお二人は、現在、私が所属する課の課長と先輩です。入社後も、説明会で感じた印象と変わらず話しやすく信頼でき、いつも親身に相談に乗ってくださっています。

現在の担当業務について
教えてください。

生産設備の増設や改良のため
日々、奮闘しています。

奈良県大和郡山市にある工場で、生産設備の増設や改良を担当しています。
担当した業務で最も印象深いのは、ハブラシの製造ラインにおける目視検査台の組立て・設置です。以前の業務フローでは、完成したハブラシの目視検査による検品は製造ラインのフローに組み込まれておらず、検品に時間的なロスが発生していました。その時間ロスを改善するために、包装と箱詰め工程の間に目視検査台を設置しました。検査員が製造ライン内でハブラシを検品し、そのまま箱詰めできるフローに変更したことで業務効率が飛躍的にアップし、生産性向上に貢献できました。通常、生産技術課ではメンバーそれぞれが社内の異なる場所で作業をしていますが、目視検査台の設置は社としても大きなプロジェクト案件であったため、課が一致団結して取り組んだ心に残る業務となりました。

学生時代の学びは、
仕事に活かされていますか?

学生時代に身につけた知識と技術は
大きな強みになっています。

大学校では設計・製作・組立などの生産工程を実践的に学び、その経験が現在の仕事に非常に役立っていると実感します。例えば、学生時代に習得した図面作成も大学校時代とは異なるソフトウェアを使用しているため操作が多少異なりますが、製図の基本的な考え方を理解していたことで、すぐに使いこなせるようになりました。
また、社内で簡単な部品を社員自らが製作する事も多々ありますが、その際も、金属板に穴を開ける作業などもスムーズに出来ていると感じます。

仕事でやりがいを感じるのは
どんな時ですか?

自分の仕事により、製造ラインの業務が
目に見えて改善した時です。

自分が改良を手がけた生産設備が無事に稼働し、順調に商品の製造が行われている様子を見るとやりがいを感じます。現在は上司や先輩方の指導の下、与えられた業務を遂行する事が主ですが、将来的には、更なる生産効率の向上を目指し自分自身で課題を発見し、生産設備の改善策を提案・設計できるようになりたいと考えています。
そのために、まずは現状の生産設備を熟知する事が非常に重要だと考えています。業務に余裕がある時には工場内を見回るなど、主体的に行動すべく努めています。
また、日々の業務で、やり直しが発生しないように確実に業務遂行する事を意識しています。いい加減な仕事をしてやり直しになっては、時間も無駄ですし、重大事故につながる危険性もあります。作業後は確認を徹底し、ミスのない業務を心掛けています。

エビス株式会社の強みや、
可能性を感じる事とは?

高いブランド力を武器に
更なるシェア拡大を目指します。

ハブラシのブランド力が一番の強みだと思います。エビスの商品が、販売店で陳列棚のゴールドライン(お客様の目線の高さの一番目立つ場所)に置かれていたり、毎年、生産量が前年実績を上回っているのもその証だと実感しています。実は私、就活前にエビスの商品を意識した事がなかったのですが、友人から「気に入って使っている」と聞かされ、店頭に行くと数多くの商品が並んでいることに驚いたと同時にエビスの商品が広く支持されている事を認識しました。現在、エビスの工場は、需要と供給のバランスが取れていますが、このままの伸び率で需要が拡大すると、いずれ製造が追いつかなくなる可能性もあります。生産技術課では、今後もより良い設備の改善を目指し、生産の増強・安定化に挑戦していきたいと考えています。

プライベートなど楽しみな事は何ですか?

映画を見るのが好きで、毎週金曜日は
映画館に足を運んでいます。

プライベートは、映画を見て過ごす事が多いです。毎週金曜日を自分で「映画の日」と決めており、退社後、レイトショーを見てから帰宅します。洋画を中心に、月に3本程度は観ています。映画館で流れる新作映画の予告編を見て、次回見る映画を決めることが多いです。友人と一緒に行く時もありますが、感動して泣いてしまうと照れくさいため、基本的には一人で行く事にしています。

就活生へのアドバイスをお願いします。

幅広い分野の基礎を習得する事が
即戦力人材への近道だと思います。

エビス株式会社の採用は、募集職種を選んで応募するスタイルです。生産技術職を目指す方の場合、製図、穴開け、力学、モーターの仕組み、電気制御など、学生時代に学んだ基礎的な知識と技術を十分に復習しておく事が大切だと思います。基礎は、全ての仕事のベースです。入社後すぐに任される仕事は基礎的な事が多く、基礎ができていれば即戦力として働けます。難しい業務を教わる際にも、ベースがあるため理解が早まります。
また、教わった内容はメモを取り、「一度聞いた事は、二度と聞かない」といった姿勢も大切だと思います。

1日の仕事の流れ

  • 出社

    事務所内の掃除をして、メールを確認。前日の業務日報を記入して、本日の仕事に備えます。

    7:30

  • 朝礼

    前日に行った業務を報告し、上司からその日一日の業務内容の指示を受けます。

    8:00

  • 生産設備の組み立て

    成型されたハブラシのハンドルを吸着し、植毛の工程へと運搬するシステムを組み立てます。

    8:15

  • 製造する部品の製図

    業務で使用する部品の製造を協力会社に依頼するため、希望する部品の形状を図面に落とします。

    10:00

  • ランチ

    家族にお弁当を作ってもらい、持ってきています。大きめの弁当箱にご飯が8割。おかずはウインナーや卵焼きです。

    12:30

  • 生産設備の改良

    製品を次の工程へと流す生産設備について、新たな部品を設置し、よりスムーズに製品が流れるように改良。

    13:15

  • 退社

    先輩に本日予定していた業務が終了した報告と、他にすべき仕事がないかを確認し、なければ片付けて終了です。

    16:40

OTHER PEOPLE