EBISU RECRUITMENT 2019

PEOPLE

商品開発課

片山 葉月

Haduki Katayama

デザイン学部 卒

多くの社員の思いが交差して

1つの商品が完成します。

入社の決め手は何でしょうか? 

「もっとこうだったらいいな」を
形にできる仕事だと思ったからです。

ものづくりに興味があり、大学ではプロダクトデザインを専攻して、企画から設計、制作までを学びました。学生時代に作った作品の多くは、自分が普段使っているような日常の近くにあるものについて、「もっとこうだったらいいな」というアイディアを形にしたものばかり。就職活動でも、自然と家具や日用品など身近な商品を取り扱っている業界を視野に入れていました。
そんな中でエビスと出会い、「企画だけ」「デザインだけ」ではなく、企画提案から生産に至るまですべての工程に携われることに魅力を感じ入社を決めました。就活中には自分でもエビスの看板商品であるプレミアムケアを試しに使ってみて、効果を実感。人を喜ばせることができる商品だと自信を持てたことも入社の決め手のひとつです。

現在の担当業務について教えてください。

企画から生産に至るすべての工程を
商品開発課で担当しています。

商品開発課として、企画立案からデザイン、設計、検証作業などを経て、生産に至るまでの商品開発全般を業務内容としています。ハブラシをはじめ、食品保存容器やレンジ調理容器など、この会社の商品すべてを担当するので、仕事は多岐にわたります。
デザインの場面では、商品の企画に沿って配色を考案。例えばプレミアムケア Fは、女性をターゲットとしたひとまわり小さな幅広ヘッドが特徴のハブラシなので、女性が好みそうなクリアなカラーを選んだり。設計の場面では、PCで設計ソフトを使って設計図を作成。3Dプリンタで出力し、形の確認を行います。検証の場面では、工場のスタッフに依頼してサンプルを作ってもらい、食品保存容器であれば横に倒した時に水漏れがないかなどをチェック。工場と調整を繰り返し、製品へと仕上げていきます。

大学時代の学びは、仕事に活かされていますか?

どうすればもっと良くなるかを
考え行動する力が活きていると思います。

大学時代に企画から実際のものづくりまでの一連の流れを学んでおり、現在の仕事でも似た部分があると感じます。企画段階で考えていたことと、実際に工場から上がってきた試作品とに相違があった場合には、どこをどんなふうに改善すれば良くなるかの想像がつきますし、ちょっとした形状の変更であれば、工場に頼むまでもなく、自分で作ってみることもあります。
入社1年目は上司とともに仕事を進める機会が多いですが、言われたことだけをするのではなく、先を見通して自分で考えて行動できているのは、大学での学びが活きているからだと思います。

仕事でやりがいを感じるのはどんなときですか?

社内の厳しいチェックを通り商品化される
達成感は、何事にも代えられません。

当社では、年に2回(6月と11月)新商品の発表会を行っています。それに向けて商品開発課では、開発中の商品を評価するMK会議を毎月1回実施。商品企画の過程では、どのターゲット層に対して、どんな商品を作るかなど、一つ一つ慎重に検討してMK会議にかけるのですが、鋭い指摘を受けたり提案が却下されたりすることも多々あります。しかし、その指摘はどれも、より良い商品を世の中へ送り出すためのもの。何度も改善を繰り返し、最終的に自分の提案した商品が店頭に並んでいる姿を見ると達成感や感動を覚えます。
特に、レンジ調理容器の絶品レンジでパスタは、思い出深い商品です。スーパーや通販で売られているいろんなメーカーのパスタを、全種類、全部の太さ買い込んで、実際に絶品レンジでパスタの試作品で調理する検証実験を実施。もう当分食べたくないと思うほどパスタを食べて、工場側とも試作品の改善を相談し合い、ようやく商品化へとこぎつけました。自信をもって発表した商品なので、市場での評判も上々でうれしいです。

エビス株式会社の強みや、可能性を感じることとは?

社内のコミュニケーションが取りやすく
思いを一つにしてものづくりができます。

商品開発から販売までを自社内で一貫して行っているため、社内でのやり取りがスムーズなことが強みです。間に人をはさむことなく、商品開発課と工場とが直接相談して製造を進めるので、自分のアイディアやお客様の要望が商品に反映されやすいと考えています。社内のやり取りは、電話やメールのほか、直接工場へ足を運ぶことも。ハブラシの色を調色するときには、そばで立ち合いながら、「もう少し薄くしてください」と、自分の思っている色になるよう細かく調整してもらいました。
普段から頻繁にやり取りをしているため、商品開発課の思いと、実際に製造を行う工場とで温度差もありません。企画の趣旨に合致したアイディアが工場側から出てくることもよくあり、同じ目標に向かって協力してものづくりをできていると感じます。

プライベートなど楽しみなことは何ですか?

自宅でも料理は好き。
スイーツを作ることもあります。

家族と一緒に住んでいますが、自分で料理を作るのは好きな方です。エビスが出しているレンジ調理容器は簡単で便利なので、全種類持っていて活用しています。チョコレートなどのスイーツにチャレンジすることもあり、「どれを作ろうかな」とレシピブックを眺めていると幸せな気分になります。

就活性へのアドバイスをお願いします。

「入社までがゴール」ではなく
入社してからが社会人人生の本番です。

就職活動は、自分が初めて社会で評価される機会。長期間に及ぶと精神的にも疲れてきて、つい「入社までがゴール」と思ってしまいがちです。でも実際には、会社に入社してからが社会人人生の本番。なんとなく就活をして、内定をいただいた会社になんとなく入社しても、自分なりの目標が持てずに、すぐに辞めてしまってはもったいないです。就職活動の際には、自己分析をしっかりと行い、「今後自分がどうなっていきたいか」など、自分の将来を見据えながら取り組むことが大事だと思います。私は自分に合ったこの会社と巡り合い、今、忙しくも楽しく充実した毎日を過ごすことができています。ぜひ、みなさんも後悔しない就活をしてください。

1日の仕事の流れ

  • 出社

    自分のデスクを掃除したり、メールチェックをしたりして、1日の業務に備えます。

    8:30

  • 朝礼

    商品開発課全員が集まり、一人ひとりのその日の仕事の流れを発表、共有します。

    9:00

  • 調理実験

    レンジ調理容器の新製品について、試作品に実際に食材を入れて調理。安全性や美味しさを検証します。

    12:00

  • ランチ

    自分でお弁当を作って持ってきています。大阪オフィス周辺には飲食店が多く、外食する人もいます。

    12:00

  • 製品のカラー選定

    新製品のイメージに合わせて、ハブラシにつける色を選び、外部の協力会社に調色を依頼します。

    12:45

  • 植毛パターン考案

    ハブラシのヘッド部分に、ソフト毛とハード毛をどう配置すれば磨きやすいかを検討します。

    16:00

  • 退社

    その日に計画していた仕事がすべて終了したら退社します。

    19:00

OTHER PEOPLE